カンパノラ CAMPANOLA コスモサイン Cosmosign 世界限定350本 AO4014-09E 正規品 メンズ 腕時計:アルキメデス・スパイラル - d085e

2019-06-10

カンパノラ CAMPANOLA コスモサイン Cosmosign 世界限定350本 AO4014-09E 正規品 メンズ 腕時計
ギフト対応


2017年モデル

世界限定350本

「人と時は宇宙とともにある」というカンパノラの思想を、“漆黒”で体現する「無光の空間」をテーマにした限定モデル。


月日(とき)とともに星座盤、月盤が連動して動き、リアルタイムで天空の星を再現するコスモサイン。惑星の軌道を感じさせる五徳リングのなかにひろがる北緯35度の星座たちを流麗なサファイアガラスのドームに閉じ込めています。

“漆黒の宇宙”をイメージさせるブラックのケース、ダイアルに恒星1027個、星雲星団166個が表示され、月盤では月齢が読み取れるなど、まさに腕の上の小宇宙、カンパノラのコンセプトを体現するモデルです。

ディテールへのこだわりはリューズひとつをとってみても歴然。全体をマットにしながら、ロゴ部分のみミラー仕上げになっています。


CAMPANOLA −COSMOSIGN− AO4014-09E 350pcs.Limited Edition

ムーブメント:クオーツ(Cal.4398)
ケース:ステンレススチール
風防:デュアル球面サファイアクリスタルガラス(無反射コーティング)
ダイアル:一部サファイアクリスタルガラス(無反射コーティング)
サイズ:(ケース径)44×(ケース厚)約14.5mm 
ストラップ:クロコダイル
防水:3気圧防水(日常生活防水)

星座位置早見機能 / 北緯35度全天星座表示 / 実現等級4.8以上の明るさの恒星1027個表示 / 星雲星団166個表示 / 月盤による月齢の読取り / 日の出日の入り時刻の読取り / 月位置表示 / 秒針任意停止機能

*同じくブラックケースのミニッツリピーター(限定200本)はこちら。

最先端テクノロジーと匠の技の融合日本が世界に誇ることのできるタイムピース

カンパノラの誕生は2000年。“宙空の美”をイメージソースに時計と天空をつなぐ独創的なデザインに、同じく2000年、一号店をオープンしたアルキメデス・スパイラルも注目、その初期段階から展開を開始してきました。

ミニッツリピーター、パーペチュアルカレンダー、クロノグラフ、ムーンフェイズ…機械式時計なら天文学的な金額になる複雑機構を先端のクオーツムーブメント技術で統合、それを建築的とも言える立体的なダイアル構造で表現しています。

デビュー当初からダイアルの作りこみが特徴となっていたカンパノラにとって、漆塗りとの出会いは大きな転機となりました。その後、シチズンのお家芸ともいえる光発電エコドライブを採用したモデルの発売、漆塗りダイアルの文字通り多彩なラインナップと、独自の地位を築くブランドに成長を遂げました。

漆の一般的な英語はご存じのとおりJapan、そして世界トップクラスのクオーツムーブメントと、まさにカンパノラは日本が世界に誇ることのできるタイムピースです。



最技巧を凝らしたダイアルの美

カンパノラの特徴はなんと言っても“宙空の美”が表現されたダイアル。

スモールダイアルや五徳リングを駆使して、複雑機構を立体的、重層的にデザインしています。そのデザインは立体的というより、建築的という言葉がむしろしっくり来るほど。

手にした人は決まって正面から見た後、いろいろな向きで斜めから眺め、そして感嘆の声を上げます。

box


そしてカンパノラのもうひとつの顔となっている漆塗りダイアル。日本古来の漆の技を守る会津の職人が地塗り−下地−研磨−乾燥−螺鈿(らでん)という気の遠くなる工程を通して、気品と深みのある色艶で悠久の時を表現しています。

すべて手作業のため、全く同じものは一点も無く、これがオーナーの所有する喜びにもつながっています。




CAMPANOLA

イクスピアリ(R)直営腕時計専門店

価格
320,000円 (税込345,600 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
2〜3営業日以内に発送 (休業日を除く)
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
ラッピング選択可

求人応募窓口
協電への交通アクセス

BSデジタル放送について

株式会社 協電

株式会社 協電

株式会社 協電